診療科・医師紹介

医師紹介

整形外科

奥村 秀雄 (常勤)

所属 整形外科
役職 理事長
プロフィール 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
日本リウマチ学会認定専門医

変形性関節症は、成人の関節の病気の中で最も多くみられる病気で高齢者に多く、人口の高齢化とともに年々増加傾向にあります。変形性関節症は、骨と骨の間にある軟骨がすり減って痛みや腫れ、関節の変形をきたす病気で、体重の負荷がかかっている股関節と膝関節によく起こります。
股関節の骨構造に異常がないのに軟骨がすり減る一次性の変形性股関節症、骨構造に異常のある股関節(臼蓋形成不全など)で軟骨がすり減る二次性の変形性股関節症に分けられています。日本では、二次性の変形性股関節症が女性に多く起きます。膝関節は、60歳から70歳ごろになると、特に女性でO脚変形が生じて、軟骨がすり減る変形性膝関節症になります。
薬物療法で痛みや腫れをやわらげ、運動療法で関節の動く範囲を広げたり、関節周囲の筋肉を鍛えるなどの治療を行います。骨構造が破壊され、歩行が困難となるなど日常生活に支障がある場合は、手術治療が必要となります。最近では、人工股関節と人工膝関節が著しく発達して、治療成績も安定して、手術後に痛みなく歩くことができるようになりました。日本全国では、1年間に、人工股関節で4万人、人工膝関節で4万5千人が手術を受けています。当科では、人工股関節手術で、MIS(低侵襲手術)を行っています。


武田 記和 (常勤)

所属 整形外科
役職 診療部 部長
プロフィール 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
日本整形外科学会認定 スポーツ医

湿潤療法は潤い(うるおい)療法とも呼ばれ、創傷(特に擦過傷)や熱傷などの皮膚損傷に対し、従来のガーゼと消毒薬での治療ではなく「消毒しない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」ことを基本とした治療法です。体が本来持つ「自然治癒力」を生かす治療法と言えます。
傷を治すためにさまざまな細胞が傷口に集まって働きますが、消毒をすると細菌を殺すだけでなく正常な細胞もダメージを受けます。また、ガーゼを当てると傷を治すために必要な浸出液が吸い取られてしまい、再生組織が乾燥によって死滅します。さらに、ガーゼをはがす時に新しくでき始めた表皮細胞もはがれてしまいます。
そうした理由から、傷口の内部にに消毒薬を入れることを避け、創部を湿潤状態に保ち、なおかつ、感染症の原因となる壊死組織や異物をしっかり除去することで創部の再生を促すものです。
主な治療効果として、次のようなものが挙げられます。
・従来のガーゼと消毒薬で治療する方法より早く治療する。
・消毒がしみる痛み、ガーゼをはがす時の痛みなどがなく、きれいに治療する。
・かさぶたが出来ない。
湿潤療法が適用できるかどうかは診断が必要であり、受診は必ず行うようにしてください。


松本 研二 (常勤)

所属 整形外科
役職 関節センター センター長
プロフィール 日本整形外科学会認定 整形外科専門医

骨粗鬆症は、骨から「カルシウム」や「リン」、「たんぱく質」が減っていき、骨が軽石のようにスカスカになり、脆くなる疾患です。特に60歳以上の女性に多く発症します。
初期には自覚症状はありませんが、進行した場合の症状として次のようなことが挙げられます。
・筋肉性の腰痛・背中痛がある。
・背中が丸くなり身長が縮む。
・尻もちをついた時や重い荷物を持ち上げた時に、簡単に背骨の骨折を生じる。
特に、高齢者が骨折してしまうと、寝たきりになる恐れがあります。
骨粗鬆症の予防には、食事療法と運動療法が欠かせません。カルシウムやビタミンD、ビタミンKなど骨密度を上げる栄養素を積極的にとり、骨に対して力学的ストレス(運動負荷)をかけることが重要になります。また、運動を行って筋肉を増やすことにより、転倒をふせぐことができ、それが骨折予防にもつながります。
骨粗鬆症と診断された場合には、薬剤で治療を行うことが基本ですが、食事療法、運動療法を併用し、日常生活の中での転倒・骨折予防対策行うことが大切です。


平方 栄一 (常勤)

所属 整形外科
役職 主任医長
プロフィール 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
日本救急医学会認定 救急科専門医
日本外科学会 認定登録医
日本医師会認定 健康スポーツ医

骨折の治療には大きく分けて「保存療法」と「手術療法」があります。
「保存療法」は、転位(骨折部のずれ)を整復した後、副子(添え木)、ギプス、装具等を用いて固定する方法です。
「手術療法」は麻酔下に骨折部を整復した後、固定材料(鋼線、スクリュー、プレートなどの金属材料等)による固定を行います。
骨折の部位、変形や転位(ずれ)の程度、骨折が関節内に及んでいるかなど、骨折の形態に関する要素に加え、個々の人の状況(年齢や持病、職業上の要請など)も加味して総合的に判断し、治療法を選択することが重要であり、それが治療の第一ステップとなります。また、いずれの治療法であれ、機能回復にはリハビリテーションが必要です。治療までの期間や最終的な機能回復の程度は、一人ひとりのリハビリテーションへの意欲などによっても大きく左右されるため、それらも踏まえながら患者と医療者が共に治療に向き合うことも必要です。
そして非常に大切なのは、受傷後、可能な限り早期から治療を開始することです。長期間経過した後には治療が困難になる場合もあるからです。少しでもおかしいと感じたら、打撲や捻挫だと自分で判断したりせず、患部の安静を保ったまま、すぐに受診するようにしてください。

神経内科

中村 和雄 (常勤)

所属 神経内科
役職 副院長
プロフィール 日本内科学会認定
日本神経学会認定
日本医師会認定産業医

神経内科では脳・脊髄・末梢神経・筋肉に疾病のある患者さまの診断・治療を行っています。特に通常の内科的治療と平行してリハビリテーションを必要とする場合もあります。

症状としては、次のようなものがありますが、日頃からの早めの受診をお勧めします。

・手足の動きが悪い・力が入らない・手足が痩せてきた
・手足・口などが意思とは関係なく震える
・ふらつく・足が突っ張り歩きにくい・よく転倒する
・手足がしびれる・感覚が鈍い
・物が二重に見える・瞼が重い
・物忘れが強い・計算が出来ない・字が読めない・書けない
・ろれつが回らない・飲み込む時にむせる
・意識がなくなる・けいれんを起こす事がある
・頭痛がある

内科・人工透析内科

武田 昭 (非常勤)

所属 一般内科(透析)
役職 透析センター センター長(代)
※洛陽透析クリニック院長
プロフィール 日本内科学会認定医

腎臓は体内での水分や塩分量の調節の他、血液中の不要なものをろ過して尿中に排泄する動きを持っています。また、赤血球を作るために必要なホルモンや血圧の調整をするホルモンを分泌するなどの重要な働きもしています。
腎臓の機能が低下すると、元に戻りません。しかも確実に進行していき、最終的に人工透析が必要となります。
1人1人の症状によって内容は異なりますが、透析を行う場合は治療を妨げないようにそれまでの食事療法と異なる点に制限が必要となります。医師・栄養士の指導の下、症状に応じた食事療法を行います。 食事療法の基本

1.たんぱく質の制限
2.十分なエネルギー量をとる
3.塩分の制限
4.カリウムの制限

検査を定期的に受け、原因となる疾患を早期に発見し、症状が進行しないようにするために管理治療が必要です。

糖尿病外来

小林 宏正 (非常勤)

所属 糖尿病外来
役職
プロフィール 日本内分泌学会代議員
日本肥満学会評議員
京都大学医学博士

糖尿病は、血液中の糖の濃度が高くなった状態をいいます。
発症の原因としては、遺伝的要素と共に食べ過ぎや運動不足、肥満、ストレスなどの関与が指摘されています。糖尿病の怖さは症状を自覚しないまま進行することです。血管がぼろぼろになる動脈硬化が徐々に進みます。 心臓発作や脳卒中、腎臓や目、神経の病気を引き起こす為、早期に診断し治療を開始することが重要で定期的に受診することが最も大切です。

症状としては下記があげられます。

・のどが渇く
・たくさん水を飲む
・何度もトイレ(小)に行く
・急に痩せてくる

これらの症状は、糖尿病が進行した時に現れるもので、初期の段階では症状はありません。

その他の診療科はこちら